司法制度改革は日本で1999年から行われているもので、司法制度を全般的に見直すための改革です。裁判制度だけでなく、法曹養成制度や司法サービスの提供等、実に幅広くなっています。
元の司法制度では国民が十分に活用できない制度になっており、司法サービスの提供を受ける機会も少なかったのです。
現在は様々なことが改革されており、司法を身近に感じるようになったと感じている方は多いでしょう。
分かりやすい所でいうと、司法試験に関することがあります。法曹人口を増やすことや専門性を高めることを目的として法曹養成制度の改革が実施されました。新司法試験が平成18年度から始まっており、司法試験に合格したら司法修習を行って、司法修習生考試と呼ばれる二回試験をパスしなければなりません。司法修習は最高裁判所から司法修習生として採用されることが条件となります。これによって裁判官や検察官、弁護士としての資格を得るのです。
弁護士を目指す方は多いと思いますが、弁護士になるためには司法試験予備試験に合格してから司法試験に合格するという方法と、法科大学院を修了した後に司法試験に合格する方法のどちらかになります。予備試験には短答式試験や論文式試験、口述試験があります。